1

1.すれすれのところできわどく生きている幸运快三とは、どういう意味か。


 人間は誰でも本当は死と隣合わせで生きている。自殺、などというものも、特別に異常なことではなく、手をのばせばすぐとどくところにある世界なのではあるまいか。ひょいと気軽に(注1)道路の白線をまたぐように、人は日常生活を投げ出す(注2)こともありえないことではない。ああ、もう面倒くさい、と、特別な理由もなく死に向かって歩みだす(注3)こともあるだろう。私たちはいつもすれすれの(注4)ところできわどく(注5)生きているのだ。

幸运快三(注1)ひょいと気軽に:何気なくかんたんに

幸运快三(注2)投げ出す:あきらめて、やめてしまう

(注3)歩みだす:歩き出す

幸运快三(注4)すれすれの:なんとか危険を避けて

幸运快三(注5)きわどく:ぎりぎりの危ない状態で

  • 1 、自殺してもおかしくない状況の中で生活している。

  • 2 、危険なものに囲まれた状況の中で生活している。

  • 3 、簡単に死を選べないという状況の中で生活している。

  • 幸运快三4 、だれでもいつかは死ぬという状況の中で生活している。

2

2.この文章を書いた人の気持ちを説明しているのはどれか。


 うちのそばに小さいレストランができたので、さっそく行ってみた。外には小さく店の名前が書いてあるだけ。派手なかぎりは一つもなく、落ち着いた雰囲気だ。入ってみると3つほどテーブルがあり、汚れ一つない真っ白なテーブルクロスがかけられていた。私は窓のそばの席に座り、メニューを開いた。どれもとてもおいしそうで、期待がふくらんだ。

幸运快三 その時、10人ほどの集団が入ってきて、レストランは満員になった。彼らはこの店によく来るらしく、メニューも見ないでどんどん注文をし始めた。私は自分の注文が後になってしまうと少し心配になりながら、一番人気があるというAセットを注文した。

幸运快三 私の方が先に店に入ったのに、やはり私の料理は彼らの料理の後に運ばれてきた。彼らに先に注文されたからだ。その上、料理を待っている間ずっと、彼らがおいしそうに料理を食べながら、大声で話をするのを聞かされた。料理が来たときにはもう疲れてしまい、味はどうでもよくなってしまった。

  • 1 、レストランはきれいだし、料理がおいしかったので満足している。

  • 2 、集団のせいでなかなか料理を食べられなかったので、楽しめなかった。

  • 3 、レストランはかぎりがなくてよくなかったが、集団の話は楽しめた。

  • 4 、集団と話をしながら料理を食べたので、料理の味はどうでもよかった。

:
:
共有题: 2 已做 0 (正确 0 错误 0
  • 1
  • 2
我要交卷 退出练习