1

問題
次の文章を読んで、後問いに対する答えとして最もよいものを、 1.2.3.4から一つ選びなさい。

 

1.ここでの①人間の傲慢(ごうまん)、人間の身勝手とはどういうことか。


幸运快三「自然を守ろう」と、最近は誰もが言うようになっている。洗剤を海に流すのはやめよう、資源を節約して森林を守ろう、身近なところから自然環境を保護してゆこうとね。このこと自体は、たぶんとても大事なことだ。今や地球上の厄介(やっかい)もの(注1)の人間が、そういう姿勢に変わらない限り、自然の荒廃は食い止められないからだ。

だけど、ここでちょっと気がつかないか。「自然を守ろう」というこの考え方自体が、すでに矛盾を含んでいる。つまり、自然と人間とを最初から別々のものとして見ているということだ。人間と、その外側でとれを取り巻く自然環境というふうに見ているんだ。人間と自然とを、そんなふうに最初から対立するものとして見ている限り、「自然保護」という考え方も、じつは「自然破壊」の裏返しにすぎないのじゃないだろうか。やっぱり人間の(ごうまん)(注2)、人間の身勝手なんじゃないだろうか。

そもそも、人間と自然とは別のものなのだろうか。人間は自然じゃないのだろうか。生物の一種としての人間は、その意味幸运快三で自然物だ。だけどその自然物としての人間は、それを取り巻く環境としての自然を、不自然にも破壊したりするわけだ。人間が、人間自身をどう考えるかによって、「自然」のとらえ(注3)方は全く違ったものになる。対策としての環境保護より先に、人間はまず、このことを考えるべきなんだ。

(池田晶子『14歳の君へ どう考えどう生きるか』毎日新聞社による)

 

幸运快三(注1)厄介(やっかい)もの:他人に迷惑をかける人

(注2)傲慢(ごうまん):自分が他の人やものより偉いと思っていること

幸运快三(注3)とらえる:認識する

  • 幸运快三1 、1、人間と自然は別々のものだと考え、人間が自然を守ることができると考えること

  • 2 、2、今まで自然を破壊してきたにもかかわらず、「自然を守ろう」と言うようになったこと

  • 3 、3、「自然を守ろう」と言いながら、自然が破壊され続ける現状を食い止めようとしないこと

  • 幸运快三4 、4、自然を破壊することは自然を保護することと同じであることに疑問を持たないこと

2

問題
幸运快三次の文章を読んで、後問いに対する答えとして最もよいものを、 1.2.3.4から一つ選びなさい。

 

2.②その意味は何を指しているか。


「自然を守ろう」と、最近は誰もが言うようになっている。洗剤を海に流すのはやめよう、資源を節約して森林を守ろう、身近なところから自然環境を保護してゆこうとね。このこと自体は、たぶんとても大事なことだ。今や地球上の厄介(やっかい)もの(注1)の人間が、そういう姿勢に変わらない限り、自然の荒廃は食い止められないからだ。

だけど、ここでちょっと気がつかないか。「自然を守ろう」というこの考え方自体が、すでに矛盾を含んでいる。つまり、自然と人間とを最初から別々のものとして見ているということだ。人間と、その外側でとれを取り巻く自然環境というふうに見ているんだ。人間と自然とを、そんなふうに最初から対立するものとして見ている限り、「自然保護」という考え方も、じつは「自然破壊」の裏返しにすぎないのじゃないだろうか。やっぱり人間の(ごうまん)(注2)、人間の身勝手幸运快三なんじゃないだろうか。

そもそも、人間と自然とは別のものなのだろうか。人間は自然じゃないのだろうか。生物の一種としての人間は、その意味幸运快三で自然物だ。だけどその自然物としての人間は、それを取り巻く環境としての自然を、不自然にも破壊したりするわけだ。人間が、人間自身をどう考えるかによって、「自然」のとらえ(注3)方は全く違ったものになる。対策としての環境保護より先に、人間はまず、このことを考えるべきなんだ。

(池田晶子『14歳の君へ どう考えどう生きるか』毎日新聞社による)

 

(注1)厄介(やっかい)もの:他人に迷惑をかける人

(注2)傲慢(ごうまん):自分が他の人やものより偉いと思っていること

(注3)とらえる:認識する

  • 幸运快三1 、1、自然を取り巻くものであるという意味

  • 2 、2、生物に属するものであるという意味

  • 幸运快三3 、3、生物を保護することができるという意味

  • 幸运快三4 、4、自然の影響を受けやすいという意味

3

問題
次の文章を読んで、後問いに対する答えとして最もよいものを、 1.2.3.4から一つ選びなさい。

 

3.筆者は人間の自然とのかかわり方についてどのように考えているか。


「自然を守ろう」と、最近は誰もが言うようになっている。洗剤を海に流すのはやめよう、資源を節約して森林を守ろう、身近なところから自然環境を保護してゆこうとね。このこと自体は、たぶんとても大事なことだ。今や地球上の厄介(やっかい)もの(注1)の人間が、そういう姿勢に変わらない限り、自然の荒廃は食い止められないからだ。

だけど、ここでちょっと気がつかないか。「自然を守ろう」というこの考え方自体が、すでに矛盾を含んでいる。つまり、自然と人間とを最初から別々のものとして見ているということだ。人間と、その外側でとれを取り巻く自然環境というふうに見ているんだ。人間と自然とを、そんなふうに最初から対立するものとして見ている限り、「自然保護」という考え方も、じつは「自然破壊」の裏返しにすぎないのじゃないだろうか。やっぱり人間の(ごうまん)(注2)、人間の身勝手なんじゃないだろうか。

そもそも、人間と自然とは別のものなのだろうか。人間は自然じゃないのだろうか。生物の一種としての人間は、その意味で自然物だ。だけどその自然物としての人間は、それを取り巻く環境としての自然を、不自然にも破壊したりするわけだ。人間が、人間自身をどう考えるかによって、「自然」のとらえ(注3)方は全く違ったものになる。対策としての環境保護より先に、人間はまず、このことを考えるべきなんだ。

幸运快三(池田晶子『14歳の君へ どう考えどう生きるか』毎日新聞社による)

 

幸运快三(注1)厄介(やっかい)もの:他人に迷惑をかける人

(注2)傲慢(ごうまん):自分が他の人やものより偉いと思っていること

幸运快三(注3)とらえる:認識する

  • 1 、1、身近なことでできることから自然を保護しようとする姿勢を持つのがよい。

  • 2 、2、人間は自然を保護する裏で破壊もしていることを理解して自然をとらえるべきだ。

  • 3 、3、人間は身勝手であることを認識したうえで、対立する自然と向き合わなければならない。

  • 4 、4、環境保護の前に、人間が自然に含まれるかどうかを考える必要がある。

:
:
共有题: 3 已做 0 (正确 0 错误 0
  • 1
  • 2
  • 3
我要交卷 退出练习