1

問題7
幸运快三次の文章を読んで、文章全体の趣旨を踏まえて、(1)から(5)の中に入れる最もよいものを、1.2.3.4から一つ選びなさい。

 

1.


十人十色と言われるように、ものごとの見方についても、その見識の深さについても、より熟知している人はたくさんいる。こういう人は、逆に、あまり多弁には語らない。人間はあまり深い真実を見たり知ったりすると言葉を失うが、中途半端な知識や経験は、人を【 1 】自分がものごとを知った人間であるかのように思わせる傾向がある。 ものごとというものは、経験【 2 】、真にわかるものである。もちろん、見て理解できるものも、世の中にはたくさんある。 しかし、もしあなたが経験を積んでいないことであるなら、その事象について他人に話したりするときは、あまり知ったかぶりをしたり、さもこういうものだという得意げな顔しないことである。 【 3 】、体験者と傍観者と言うものは雲泥の差があり、経験至上主義者が多い世間ではあまり評価されない【 4 】、反感を買うものだからである。 実際自分で経験を積んだこともないものが、わかったようなふりや知っているつもりで講釈したり、「こんなものだろ」的な口ぶりで話をする態度は、その事象と深くかかわってきた人間から見ると、不愉快【 5 】感じるものである。しかしながら世間には、そういう話ぶりをする人が非常に多いことも事実である。 どんなに知ったふうを装っても、その道をずっと歩んできたり、深くかかわってきた人間と、10分もそこのことについて話をしていれば、その人の本当の深さがおのずとわかってしまうものである。 (税所弘『朝型人間の秘密』による)

  • 1 、さぞ

  • 2 、さも

  • 3 、たしかに

  • 4 、まさに

2

問題7
次の文章を読んで、文章全体の趣旨を踏まえて、(1)から(5)の中に入れる最もよいものを、1.2.3.4から一つ選びなさい。

 

2.


十人十色と言われるように、ものごとの見方についても、その見識の深さについても、より熟知している人はたくさんいる。こういう人は、逆に、あまり多弁には語らない。人間はあまり深い真実を見たり知ったりすると言葉を失うが、中途半端な知識や経験は、人を【 1 】自分がものごとを知った人間であるかのように思わせる傾向がある。 ものごとというものは、経験【 2 】、真にわかるものである。もちろん、見て理解できるものも、世の中にはたくさんある。 しかし、もしあなたが経験を積んでいないことであるなら、その事象について他人に話したりするときは、あまり知ったかぶりをしたり、さもこういうものだという得意げな顔しないことである。 【 3 】、体験者と傍観者と言うものは雲泥の差があり、経験至上主義者が多い世間ではあまり評価されない【 4 】、反感を買うものだからである。 実際自分で経験を積んだこともないものが、わかったようなふりや知っているつもりで講釈したり、「こんなものだろ」的な口ぶりで話をする態度は、その事象と深くかかわってきた人間から見ると、不愉快【 5 】感じるものである。しかしながら世間には、そういう話ぶりをする人が非常に多いことも事実である。 どんなに知ったふうを装っても、その道をずっと歩んできたり、深くかかわってきた人間と、10分もそこのことについて話をしていれば、その人の本当の深さがおのずとわかってしまうものである。 (税所弘『朝型人間の秘密』による)

  • 1 、しないことには

  • 2 、することなしに

  • 3 、しようにも

  • 4 、してはじめて

3

問題7
次の文章を読んで、文章全体の趣旨を踏まえて、(1)から(5)の中に入れる最もよいものを、1.2.3.4から一つ選びなさい。

 

3.


十人十色と言われるように、ものごとの見方についても、その見識の深さについても、より熟知している人はたくさんいる。こういう人は、逆に、あまり多弁には語らない。人間はあまり深い真実を見たり知ったりすると言葉を失うが、中途半端な知識や経験は、人を【 1 】自分がものごとを知った人間であるかのように思わせる傾向がある。 ものごとというものは、経験【 2 】、真にわかるものである。もちろん、見て理解できるものも、世の中にはたくさんある。 しかし、もしあなたが経験を積んでいないことであるなら、その事象について他人に話したりするときは、あまり知ったかぶりをしたり、さもこういうものだという得意げな顔しないことである。 【 3 】、体験者と傍観者と言うものは雲泥の差があり、経験至上主義者が多い世間ではあまり評価されない【 4 】、反感を買うものだからである。 実際自分で経験を積んだこともないものが、わかったようなふりや知っているつもりで講釈したり、「こんなものだろ」的な口ぶりで話をする態度は、その事象と深くかかわってきた人間から見ると、不愉快【 5 】感じるものである。しかしながら世間には、そういう話ぶりをする人が非常に多いことも事実である。 どんなに知ったふうを装っても、その道をずっと歩んできたり、深くかかわってきた人間と、10分もそこのことについて話をしていれば、その人の本当の深さがおのずとわかってしまうものである。 (税所弘『朝型人間の秘密』による)

  • 1 、ところで

  • 2 、すなわち

  • 3 、なぜかといえば

  • 4 、ようするに

4

問題7
次の文章を読んで、文章全体の趣旨を踏まえて、(1)から(5)の中に入れる最もよいものを、1.2.3.4から一つ選びなさい。

 

4.


十人十色と言われるように、ものごとの見方についても、その見識の深さについても、より熟知している人はたくさんいる。こういう人は、逆に、あまり多弁には語らない。人間はあまり深い真実を見たり知ったりすると言葉を失うが、中途半端な知識や経験は、人を【 1 】自分がものごとを知った人間であるかのように思わせる傾向がある。 ものごとというものは、経験【 2 】、真にわかるものである。もちろん、見て理解できるものも、世の中にはたくさんある。 しかし、もしあなたが経験を積んでいないことであるなら、その事象について他人に話したりするときは、あまり知ったかぶりをしたり、さもこういうものだという得意げな顔しないことである。 【 3 】、体験者と傍観者と言うものは雲泥の差があり、経験至上主義者が多い世間ではあまり評価されない【 4 】、反感を買うものだからである。 実際自分で経験を積んだこともないものが、わかったようなふりや知っているつもりで講釈したり、「こんなものだろ」的な口ぶりで話をする態度は、その事象と深くかかわってきた人間から見ると、不愉快【 5 】感じるものである。しかしながら世間には、そういう話ぶりをする人が非常に多いことも事実である。 どんなに知ったふうを装っても、その道をずっと歩んできたり、深くかかわってきた人間と、10分もそこのことについて話をしていれば、その人の本当の深さがおのずとわかってしまうものである。 (税所弘『朝型人間の秘密』による)

  • 1 、どころか

  • 2 、ところが

  • 3 、ところに

  • 4 、ところで

5

問題7
次の文章を読んで、文章全体の趣旨を踏まえて、(1)から(5)の中に入れる最もよいものを、1.2.3.4から一つ選びなさい。

 

5.


十人十色と言われるように、ものごとの見方についても、その見識の深さについても、より熟知している人はたくさんいる。こういう人は、逆に、あまり多弁には語らない。人間はあまり深い真実を見たり知ったりすると言葉を失うが、中途半端な知識や経験は、人を【 1 】自分がものごとを知った人間であるかのように思わせる傾向がある。 ものごとというものは、経験【 2 】、真にわかるものである。もちろん、見て理解できるものも、世の中にはたくさんある。 しかし、もしあなたが経験を積んでいないことであるなら、その事象について他人に話したりするときは、あまり知ったかぶりをしたり、さもこういうものだという得意げな顔しないことである。 【 3 】、体験者と傍観者と言うものは雲泥の差があり、経験至上主義者が多い世間ではあまり評価されない【 4 】、反感を買うものだからである。 実際自分で経験を積んだこともないものが、わかったようなふりや知っているつもりで講釈したり、「こんなものだろ」的な口ぶりで話をする態度は、その事象と深くかかわってきた人間から見ると、不愉快【 5 】感じるものである。しかしながら世間には、そういう話ぶりをする人が非常に多いことも事実である。 どんなに知ったふうを装っても、その道をずっと歩んできたり、深くかかわってきた人間と、10分もそこのことについて話をしていれば、その人の本当の深さがおのずとわかってしまうものである。 (税所弘『朝型人間の秘密』による)

  • 1 、のきわみ

  • 2 、のごとく

  • 3 、極まりなく

  • 4 、といったらありゃしない

:
:
共有题: 5 已做 0 (正确 0 错误 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
我要交卷 退出练习