1

 問題7
幸运快三次の文章を読んで、文章全体の趣旨を踏まえて、(1)から(5)の中に入れる最もよいものを、1.2.3.4から一つ選びなさい。

 

1.


日本人はヨーロッパ人のように自然と対決するのではなく、自然に親しみ、自然に同化すること【 1 】安らぎを得てきた。それと同じことが社会についてもいえる。日本人は欧米人のように個人を社会に対置することなく、世間と自分を同等に表象してきたのだ。「渡る世間に鬼はない」ということわざがその一端を語っている。日本の自然がやさしい山河である【 2 】 、日本の世間も――多民族の社会と比べれば――結構、心安い社会だったからであろう。 むろん、日本には地震を【 3 】、自然の災害も少なくない。同様に、日本の社会も甘えていれば【 4 】というほど寛容なものだったとも思えない。世間の目は往々にして冷たいのである。しかし、多くの異民族が同居しているのが常態であるようなほかの国々と違って、日本はきわめて同質的な社会であり、自然の厳しさも、社会の厳しさも他と比べればずっと気楽なものと言える。そして、日本人の人間観や「自分」意識は、このような風土の産物といってよい。こうした社会では、人々は自分を主張し、世間と対決して生きるより、自分を顧み、世間という人間関係の中で自分の立場を常に意識し、社会に協調して【 5 】 のである。 (森本哲郎『日本語裏と表』による)

  • 1 、にとって

  • 2 、について

  • 3 、に関して

  • 4 、によって

2

問題7
次の文章を読んで、文章全体の趣旨を踏まえて、(1)から(5)の中に入れる最もよいものを、1.2.3.4から一つ選びなさい。

 

2.


幸运快三日本人はヨーロッパ人のように自然と対決するのではなく、自然に親しみ、自然に同化すること【 1 】安らぎを得てきた。それと同じことが社会についてもいえる。日本人は欧米人のように個人を社会に対置することなく、世間と自分を同等に表象してきたのだ。「渡る世間に鬼はない」ということわざがその一端を語っている。日本の自然がやさしい山河である【 2 】 、日本の世間も――多民族の社会と比べれば――結構、心安い社会だったからであろう。 むろん、日本には地震を【 3 】、自然の災害も少なくない。同様に、日本の社会も甘えていれば【 4 】というほど寛容なものだったとも思えない。世間の目は往々にして冷たいのである。しかし、多くの異民族が同居しているのが常態であるようなほかの国々と違って、日本はきわめて同質的な社会であり、自然の厳しさも、社会の厳しさも他と比べればずっと気楽なものと言える。そして、日本人の人間観や「自分」意識は、このような風土の産物といってよい。こうした社会では、人々は自分を主張し、世間と対決して生きるより、自分を顧み、世間という人間関係の中で自分の立場を常に意識し、社会に協調して【 5 】 のである。 (森本哲郎『日本語裏と表』による)

  • 1 、ように

  • 2 、ために

  • 3 、らしく

  • 4 、ゆえに

3

問題7
次の文章を読んで、文章全体の趣旨を踏まえて、(1)から(5)の中に入れる最もよいものを、1.2.3.4から一つ選びなさい。

 

3.


日本人はヨーロッパ人のように自然と対決するのではなく、自然に親しみ、自然に同化すること【 1 】安らぎを得てきた。それと同じことが社会についてもいえる。日本人は欧米人のように個人を社会に対置することなく、世間と自分を同等に表象してきたのだ。「渡る世間に鬼はない」ということわざがその一端を語っている。日本の自然がやさしい山河である【 2 】 、日本の世間も――多民族の社会と比べれば――結構、心安い社会だったからであろう。 むろん、日本には地震を【 3 】、自然の災害も少なくない。同様に、日本の社会も甘えていれば【 4 】というほど寛容なものだったとも思えない。世間の目は往々にして冷たいのである。しかし、多くの異民族が同居しているのが常態であるようなほかの国々と違って、日本はきわめて同質的な社会であり、自然の厳しさも、社会の厳しさも他と比べればずっと気楽なものと言える。そして、日本人の人間観や「自分」意識は、このような風土の産物といってよい。こうした社会では、人々は自分を主張し、世間と対決して生きるより、自分を顧み、世間という人間関係の中で自分の立場を常に意識し、社会に協調して【 5 】 のである。 (森本哲郎『日本語裏と表』による)

  • 1 、皮切りとして

  • 2 、中心として

  • 3 、前提として

  • 4 、はじめとして

4

問題7
次の文章を読んで、文章全体の趣旨を踏まえて、(1)から(5)の中に入れる最もよいものを、1.2.3.4から一つ選びなさい。

 

4.


幸运快三日本人はヨーロッパ人のように自然と対決するのではなく、自然に親しみ、自然に同化すること【 1 】安らぎを得てきた。それと同じことが社会についてもいえる。日本人は欧米人のように個人を社会に対置することなく、世間と自分を同等に表象してきたのだ。「渡る世間に鬼はない」ということわざがその一端を語っている。日本の自然がやさしい山河である【 2 】 、日本の世間も――多民族の社会と比べれば――結構、心安い社会だったからであろう。 むろん、日本には地震を【 3 】、自然の災害も少なくない。同様に、日本の社会も甘えていれば【 4 】というほど寛容なものだったとも思えない。世間の目は往々にして冷たいのである。しかし、多くの異民族が同居しているのが常態であるようなほかの国々と違って、日本はきわめて同質的な社会であり、自然の厳しさも、社会の厳しさも他と比べればずっと気楽なものと言える。そして、日本人の人間観や「自分」意識は、このような風土の産物といってよい。こうした社会では、人々は自分を主張し、世間と対決して生きるより、自分を顧み、世間という人間関係の中で自分の立場を常に意識し、社会に協調して【 5 】 のである。 (森本哲郎『日本語裏と表』による)

  • 1 、それではすまない

  • 2 、それですむ

  • 幸运快三3 、それはしなくてもいい

  • 4 、それしかない

5

問題7
幸运快三次の文章を読んで、文章全体の趣旨を踏まえて、(1)から(5)の中に入れる最もよいものを、1.2.3.4から一つ選びなさい。

 

5.


日本人はヨーロッパ人のように自然と対決するのではなく、自然に親しみ、自然に同化すること【 1 】安らぎを得てきた。それと同じことが社会についてもいえる。日本人は欧米人のように個人を社会に対置することなく、世間と自分を同等に表象してきたのだ。「渡る世間に鬼はない」ということわざがその一端を語っている。日本の自然がやさしい山河である【 2 】 、日本の世間も――多民族の社会と比べれば――結構、心安い社会だったからであろう。 むろん、日本には地震を【 3 】、自然の災害も少なくない。同様に、日本の社会も甘えていれば【 4 】というほど寛容なものだったとも思えない。世間の目は往々にして冷たいのである。しかし、多くの異民族が同居しているのが常態であるようなほかの国々と違って、日本はきわめて同質的な社会であり、自然の厳しさも、社会の厳しさも他と比べればずっと気楽なものと言える。そして、日本人の人間観や「自分」意識は、このような風土の産物といってよい。こうした社会では、人々は自分を主張し、世間と対決して生きるより、自分を顧み、世間という人間関係の中で自分の立場を常に意識し、社会に協調して【 5 】 のである。 (森本哲郎『日本語裏と表』による)

  • 1 、生きたい

  • 2 、生きてほしい

  • 3 、生きようとする

  • 4 、生きるつもり

:
:
共有题: 5 已做 0 (正确 0 错误 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
我要交卷 退出练习